薬剤師がドラッグストアへの転職で知っておくこと

薬剤師がドラッグストアへの転職で知っておくこと

薬剤師の活躍の場としての最近急速に増えているのが、ドラッグストアです。

 

大手のドラッグストアでは急速な多店舗展開をして、次々と店舗を開店しています。

 

このドラッグストアで必要不可欠な人材となっているのが、薬剤師です。

 

ドラッグストアでは薬を扱っているので、患者さんの症状に合った薬をアドバイスする役割を薬剤師がおっているのです。

 

第一類の医薬品を販売するには薬剤師にしかできないからです。

 

現状では薬の種類がすごく多くなっていて、例えば風邪薬ひとつとっても患者さんは自分の症状に合った薬を選ぶのが難しくなっています。

 

患者さんが自分にあった薬を選ぶためには、症状だけでなくアレルギーや、ほかの薬との飲み合わせなどについて専門的なアドバイスを受けないと安全に有効な薬を選ぶことが難しくなってきています。

 

このようにドラッグストアでも薬剤師の本来の医薬品の関わる業務が発生していて、薬剤師に対するニーズが高まっているのです。

 

このような医薬に関わる業務だけでなく店舗のスタッフとしての業務も求められます。

 

ドラッグストアでは、医薬品だけでなく、シャンプーや化粧品などのほか食品なども扱っている店舗もあります。

 

ドラッグストアに勤務する薬剤師は、店舗によってはこのような日配品や食品などの販売もする必要があります。

 

薬剤師としては、薬をメインにしたいところですが、ドラッグストアでは扱い商品をお客様に購入頂くのが使命なので、総合的な販売活動が求められます。

 

お客様との接客業務が主になってきます。

 

お客様との接点活動では、コミュニケーションをとることが必要になります。

 

コミュニケーションをとることが好きで、楽しめる人にはとてもやりがいのある職場と言って良いでしょう。

 

薬剤師の資格をっている人に店長として、店舗を任せるケースも多くあります。

 

管理職として人材育成やスタッフの採用までも行う場合もあります。

 

重要なポジションで働きたい薬剤師にとっては、やりがいのある職場と言えます。

 

こちらを参照してください ⇒ 転職エージェントのランキング