薬剤師 定年 転勤 転職

薬剤師が定年もなく転勤のないところに転職するためにはキャリアプランが必要!

薬剤師の資格を持っていて、やりがいのある仕事ができるだけでなく安定した職場を求める人もいます。

 

それは、病院なのか、調剤薬局なのか、ドラッグストアなのか?

 

定年まで転勤がないというのは、サラリーマンとして勤める以上無理かもしれません。

 

転勤をしたくないのであれば、地域に限定的に展開している調剤薬局を選ぶとか、地域に限定してしているドラッグストアに勤めるのが良い方法ですす。

 

病院であればほとんど転勤はありまません。

 

転勤ということに関しては、地域性に関することなので、きめ細かく情報を集めて転職活動を行えば、十分に可能になります。

 

一方、定年まで働けるかどうかについては、実際のところは実力があるかという点がポイントと考えられます。

 

今の実力というよりも、今後にわたって自分の力を高めていく努力ができるかにかかっています。

 

最悪なのは、薬剤師の資格は持っているが、資格だけで実力が伴っていない場合です。

 

たとえば、管理薬剤師になったとしても、管理薬剤師として実務で力をつけた人であれば、若い人が入ってきたとしても負けることはありません。

 

あなたの経験が十分に生かされるし、評価されるのです。

 

さらに、在庫管理や経営面での知識まで身につけていけば、職場に不可欠な人材として定年までに辞めさせられるようなことはないと断言できます。

 

そのような生き方をしていくためには、薬剤師としてのしっかりしたキャリアプランを持つことが大切です。

 

そのようなキャリアプランを立てるサポートをしてくれるのが、転職エージェントのキャリアコンサルタントです。

 

キャリアコンサルタントは、プランニングだけにとどまるのではなく、実際にそのプランを実現するための採用企業を紹介もしてくれます。

 

あなたが定年まで働きたい。

 

転勤はしたくない。

 

そのような要望を十分に把握した上で、あなたに最適の求人企業を紹介してくれます。

 

それも非公開求人という誰でもが応募できるものではない求人案件を紹介してくれます。

 

 

【追伸】

 

非公開求人は、公開求人と比較して自分の希望にかなう職場を見つけられる可能性がとっても高いです。

 

 

こちらを参照してください ⇒ 転職エージェントのランキング

 

世の中の動きは高齢者が働きやすい環境になってきている!

高齢化社会の進展とともに、高齢者が長く働けるようになってきています。

 

薬剤師だけではなく働く人全体にのそのような動きがあります。

 

あなたはいくつまで働きたいですか。

 

いくつまで働くか?という質問に対しては、二通りのパターンがあります。

 

ひとつはできるだけ早く仕事を引退したいという人。

 

もう一つは、生涯現役で死ぬまで働きたいという人です。

 

薬剤師の場合も両方のパターンがあると思いますが、専門職として
生涯現役で働きたいという薬剤師さんも多いのではないでしょうか。

 

高給でもあるし、薬剤に関する専門知識を活かすことによって社会に貢献していけるからです。

 

生きている限り社会や人に役に立てるというのは素晴らしいことです。

 

生きがいというやつですね。

 

薬剤師の場合、70歳を超えて採用される人もいます。

 

やる気さえあれば、そのようなことも可能になるのが専門資格を持っている強みです。

 

あなたも是非、生涯現役に挑戦してみあませんか。

 

こちらを参照してください ⇒ 転職エージェントのランキング