薬局で働く薬剤師の仕事

薬局で働く薬剤師の仕事

薬局で働く薬剤師のメインの仕事は、病院やクリニックで医師が作成した処方箋に基づいて薬を調剤することです。

 

多くの場合に健康保険が適用になるので、レセプトが作成されます。

 

薬局では、患者さんに対して薬の飲み方や取り扱い方の説明も行います。

 

患者さんからの薬に関する質問にも答える必要があり、コミュニケーション力が求められます。

 

処方についての疑問がある場合は病院やクリニック問合わせて確認するというよう場合もあります。

 

薬局では、医師の処方箋による調剤ばかりでなく、一般的な医薬品も取り扱っています。

 

そのような医薬品を薬局に来た人の相談にのって、薬の選定のアドバイスを行います。

 

医師の処方に基づいての調剤ではないので、症状をヒアリングして患者さんにあった薬を選ぶことになります。

 

最近では、効果は大きいけれど、強い薬があって、副作用や飲み合わせ、アレルギーといった危険性も高まっています。

 

安全で効果の高い薬のアドバイスが薬剤師に求められているのです。

 

そして、医薬品や医薬部外品が新たに発売されてきているので、それらに対する知識を補充していくことも必要です。

 

薬局は、まさに店舗なので、店舗管理の業務も薬剤師の仕事に含まれます。

 

店舗内の陳列や医薬品の在庫管理などモノの管理も行わければなりません。

 

来店する患者さんに対する接客も重要な役割です。

 

こちらを参照してください ⇒ 転職エージェントのランキング

 

あなたは接客が得意ですか?

人によって接客が得意で好きな人と、あまり接客したり話をするのが好きではない人がいます。

 

薬局で仕事をする場合は、患者さんと接する機会が多いので接客のスキルが求められます。

 

接客というとなにかお世辞を言ったりしなければいけないように感じる人がいるかもしれません。

 

薬局での接客はそのような愛想振りまいていれば良いというようなものではありません。

 

患者さんとコミュニケーションを取って信頼感得ることが大事です。

 

薬局に来る人は、表向きは薬そのものが欲しいように思えますが、実際のニーズは病気やケガを治すことは目的です。

 

痛みや気分の悪さを取り除いたり、熱を下げたりといった現象を取り除いて、最終的にはその原因を除去することとが目的です。

 

そのような状況を相談に乗って解決する方法をアドバイス下上げるのが接客です。

 

そのための信頼感を持ってもらえるような接客が求められます。

 

一番大事なのは笑顔です。

 

表情が硬いと安心できないです。

 

そのような状況ですと信頼感を得ることができません。

 

いろいろな接客術というもが本などで紹介されています。

 

そのような本を買って勉強するのも悪くはありませんが、まずは笑顔を作るということをやっていくとよいでしょう。

 

頭で学ぶより現実に接客していく中から自分の接客術を居につけていくのが良いです。

 

接客の上手な先輩彩同僚を真似てみるのも良い勉強方法です。

 

こちらを参照してください ⇒ 転職エージェントのランキング