薬剤師が調剤薬局でする仕事

薬剤師が調剤薬局でする仕事

薬剤師が調剤薬局でする仕事について考えてみます。

 

調剤薬局で行う仕事は、薬局やドラッグストアのようにお客様との接点がある職場になります。

 

もちろん、メインとなる業務は、処方箋による調剤となりますが、それだけを黙々とやっていれば良いというものではありません。

 

処方箋にあった調剤を渡すのは基本の基本。

 

それ以上に患者さんの状況を把握して、患者さんごとに適切な服用ができるように指導することが重要になってきます。

 

薬の飲み方や薬の効果の説明、飲み合わせを確認して事故の起こらないようにするのが、調剤薬局の薬剤師の重要な仕事になります。

 

重複投与や、過去にあった副作用の確認や、持病がある場合の影響の確認など、安全性の気遣いが必要です。

 

患者さんは処方箋をもらってきた病院だけではなく、他の病院からも薬を投与されている場合が多くあるので、そのような点を確認する必要があります。

 

患者さんが、薬によってアレルギーを起こしたことがないか、飲み合わせが悪くて問題を起こしたことがないかなどを確認して患者さんが安全に薬を飲めるように導いていく責任があります。

 

そのために必要ななのは、患者さんとのコミュニケーションをしっかり取ることです。

 

患者さんの現状を引き出して、患者さんごとの問題を確認していく作業が調剤薬局に課せられた使命です。

 

調剤薬局で働く薬剤師にとっては、患者さんとのもミュ二ケーションをとることがとても重要な仕事になります。

 

また、ドラッグストアや薬局ほどではないにしても、薬の在庫管理業務なども発生してきます。

 

また、接客であったり、受付であったりといった店舗としての業務も発生してきます。

 

こちらを参照してください ⇒ 転職エージェントのランキング