薬剤師 転職市場 飽和状態

薬剤師の転職市場は飽和状態でしょうか?

そのようなことは全くないと言って良いです。

 

ぎゃくに薬剤師へのニーズは非常に高まっていると言って良いです。

 

特に近年は、薬剤師になるための大学での教育期間が6年間になったため一時期
卒業生が出ない空白の時期もありました。

 

そのため、薬剤師の供給人数が激減しているのです。

 

また、需要面を見れば、ドラッグストアの増加が挙げられます。

 

ドラッグストアは右肩上がりで、増加していて、大手のチェーン店でもどんどん店舗を増やしています。

 

病院と薬局の分離もさらに進んでいます。

 

あなたの街でも調剤薬局はすごく増えていませんか?

 

このようなことから見ると薬剤師は飽和状態などでは全くなく、逼迫していると言ってよい状況です。

 

こんな状況ですから、薬剤師に対してとても給料の良い好条件の求人案件が増えています。

 

どこでも薬剤師不足に陥っていて、喉から手が出るほど薬剤師の人材を求めているのが実情です。

 

こちらを参照してください ⇒ 転職エージェントのランキング

 

薬剤師の勤務先にはブラック企業が多い?

薬剤師の仕事先ではブラック企業が多いという話は聞いたことがありません。

 

ブラック企業と言うと、残業が多くてとても大変な上にやった残業代を支払ってくれないような企業です。

 

薬剤師が勤務するような調剤薬局でそのようなブラック企業はほとんどないのではないでしょうか。

 

たとえあっとしても、薬剤師の資格を持っているのであれば、転職をすれば全く簡単に問題解決できます。

 

それがドラッグストアであっても同様です。

 

薬剤師はその点では恵まれています。

 

飽和状態であるのであれば、我慢して働らなければならないでしょう。

 

しかし、現状では、不足していることはあっても余っている状況にはありません。

 

そのようなブラック企業が生き残っていける状況ではありません。

 

人材が確保で聞ければ仕事の継続は不可能なのです。

 

このあたりの実態を詳しく知りたいのであれば、転職エージェントに登録するとよいでしょう。

 

そこには、業界に精通した転職コンサルタントがいてあなたに詳しく説明してくれます。

 

また、転職コンサルタントであれば、もしブラック企業であればあなたにその企業を紹介はしません。

 

転職者が転職先をやめてしまうようだと、転職エージェントの売上にはならないからです。

 

こちらを参照してください ⇒ 転職エージェントのランキング