調剤薬局の薬剤師の仕事はなに?

調剤薬局の薬剤師の仕事はなに?

調剤薬局に勤務する薬剤師の薬剤師としての主な仕事を3つあげます。

 

1.調剤過誤の防止

 

調剤薬局で一番大きな問題となるのは調剤の間違いが起きることです。

 

薬を飲んだり使用することによって健康上の問題が起きてしまわないように調剤薬局ではしっかりとした管理をする必要があります。

 

「調剤過誤」というのは、薬剤師が間違った薬を出すことや、薬の使用方法や量を誤って患者に伝えてしまうことです。

 

調剤薬局では、この調剤かごが起きないようなチェック体制を作っています。

 

基本的には薬剤師一人ひとりの責任ですが、組織的にチェック専門の担当者を置くような場合もあります

 

その担当者も薬剤師の仕事になります。

 

 

2.薬歴の管理

 

調剤薬局では、患者が使用している薬を過去にどのように使用してきているかを記録して管理します。

 

アレルギーも記録して体質に合わせて、薬の使用法の指導を行います。

 

そして、市販の薬やほかの病院の薬との飲み合わせについてもチェックを行い患者に指導します。

 

薬歴管理では、患者の個人情報を取り扱います。

 

情報漏えいが起こらないように薬歴を管理することが重要になります。

 

 

3.疑義照会

 

薬剤師は処方箋に記載れた内容が、おかしいと感じた際には調合をせずに医師に対してその疑問点を確認する必要があります。

 

その疑問が明らかにならなければ調剤の提供をしてはいけません。

 

処方箋の記載漏れ、用法、用量などについて薬剤師が疑問感じた場合は、疑義照会を行ないその内容を薬歴に記録する必要があります。

 

こちらを参照してください ⇒ 転職エージェントのランキング