薬剤師 転職 転職回数

回数よりも前向きな転職をしよう!

転職回数はどのくらいが適切かというと、これが正解というものはありません。

 

ただ、あまりに転職回数が多いのは、求人企業が少し疑問に感じるのではないでしょうか。

 

転職回数が多いということは、同じ職場に長く勤務していないということだからです。

 

採用する側からすれば、採用した人材には出来るだけ長く勤務して欲しいというのが本音だからです。

 

長く勤務すれば仕事の習熟度も高まりますし、仲間との連携も良くなると考えられます。

 

勤務する方からしても長く勤めることによってのメリットがあります。

 

仕事に慣れるということが一番かもしれません。

 

もちろん、時代とともに自分を進化させなければ今の時代、時代の早い変化についていけません。

 

そうは言っても、同じ職場であれば、なれがあったり習慣というものが身についているので極端に大きなストレスは生じないでしょう。

 

転職にも前向きな転職と、後ろ向きな転職があります。

 

自分を進化せて成長していくための転職は前向きな転職です。

 

今いる職場から逃げるとか、ただ端に環境や条件に良いところを目指していくような転職は後ろ向きの転職といってもよいでしょう。

 

転職の回数だけではなく、どのような目的で転職したかということも重要なポイントです。

 

前向きな転職を過去にしてきているのならば、新たに転職を図る場合にも高評価が得られます。

 

後ろ向きな転職ばかりを繰りかえしてきたのであれば、今後の求人活動でも不利になる可能性が高いです。

 

転職では、回数よりもどんな目的で転職をするかが大切です。

 

今後の転職でも前向きな転職をしたいです。

 

こちらを参照してください ⇒ 転職エージェントのランキング

 

前向きな転職するコツは?

前向きな転職をしたいと考えたとき、どのようにすれば前向きな転職が出来るでしょうか。

 

まず最初に大事なことは、自分のことをよくわかるということです。

 

自分が何をしたいのか、自分の現在の力はどの程度なのか、自分のこれまでやってきたことの評価はどうなのか?

 

このようなことが明確になっていて、はっきりしていると、それではこれから自分はどのように薬剤師として生きていったら良いかがわかります。

 

しかし、このようなことがはっきりわかるというのはとても難しいことです。

 

自分は自分が一番分かっているようで、一番分かっていないかもしれません。

 

 

それでは、どのようにしたら自分を明確に把握できるでしょうか。

 

それは、自分以外の人に自分に対しての評価をもらうことです。

 

一番良いのは、あなたの上司や先輩であなたのことを客観的に見ている人から正直な意見をもらうことです。

 

リスペクトしている上司や先輩であれば最高です。

 

ただ、そのような人が周りにいることはまれです。

 

まれというよりか、めったにいないでしょう。

 

そのような時には、、キャリアコンサルタントに相談してみるとよいでしょう。

 

薬剤師専門のエージェントに所属しているキャリアコンサルタントであれば的確なアドバイスが期待できます。

 

こちらを参照してください ⇒ 転職エージェントのランキング